原発事故の後

福島県双葉郡浪江町の人々は、2011年3月に原子力発電所の事故が発生後、直ちに避難しました。 かつての住民は、必要なものを取りに行く短時間に限り自宅に戻ることを許可されていますが、自宅で夜を明かすことは許されていません。